Home
Technology
Company
Contact

Technology

生成型AIとは

AIは認識型と生成型に分けて考えることができます。
前者の認識型は、例えば画像などをAIに読み込ませてその画像が「人物」であったり「建物」であるかを判断します。 対して、後者の生成型は「人物」や「建物」というカテゴリから「人物」の画像や「建物」の画像を作り出します。

データ生成

データを複数AIに学習させることで、与えたデータと同じグループに分類されるデータを作り出します。
一度AIの学習が完了すれば、0からデータを自由に生成することや中間データを生成することができるようになるので、 例えば顔の画像を学習させればプライバシーの問題が含まれない人の顔写真を何枚でも作り出せるようになります。

画像・映像・音声解析

生成型AIは生成だけではなく解析にも用いることができます。 そのひとつが異常検知です。解析型では、正常品・不良品の判定をするために異常データが必要不可欠でした。 解析型では画像のなかから正常・不良のそれぞれの特徴を見つけ出し、判断する仕組みになっているからです。
それに対して生成型では、正常品がどんなものなのか、同じ正常品でもどれくらいバラつきがあるのかを学習します。
これは生成型は画像を自ら描けるほど細部まで学習しているためです。

文章生成

テキストの文章をAIに学習させることで、AIに様々な文章を生成させることができます。
「〇〇〇」に続く文章 という指定もすることができるので、 状況に応じた文章を生成することができます。